036338391a4c64ab643670f9f4fd65dc
以下の文章は恐らく、自分でゲームがそれなりに強いと思っている勘違い雑魚チンパンジーの皆さんには不快極まる内容となるため、読まない方が良いと思います。

カードゲームは雑魚向きのゲーム
大前提として、強プレイヤーと雑魚プレイヤーがどちらが多いか考えたら、当然雑魚プレイヤーの方が多いです。強弱は相対的な評価のため雑魚が大量にいなければ強者として定義することはできません。

MTGなど古くからあるゲームは、プレイヤーが既に存在しているため、競技性を追求することができますが。新規ゲームは1からプレイヤーを獲得しなければならないため、当然ゲームを売り出すメーカーは、少ない強プレイヤー向けのゲームではなく、雑魚プレイヤーでも楽しめるゲームをデザインします。つまり、この世に溢れているカードゲームの大半は雑魚向けに作られたゲームということになります。

そもそもカードゲームというジャンル自体、頭しか使わないため他のゲームで言うところのハンドスキルやPSなどが必要ありません。しかも慣れてくるとある程度動きがテンプレ化するため頭すら殆ど使わなくなります。

もうお気付きですね、カードゲームは激ぬるのゲームなのです。もっと言うと、格ゲーやFPSなど実力がもろに出るゲームで強いプレイヤーは一瞬でカードゲームも上手くなります。逆にカードだけうまいプレイヤーは格ゲーなどで上手くなるには相当時間が掛かるでしょう。

カードゲームはハンドスキルなどの衰えがない分他のゲームよりも続けやすいゲームなので、仕事をやりながらのんびりやる(ライトな楽しみ方)には最高のコンテンツです。

ですが、僕はFPSやMOBAなどアクション要素のあるゲームで試合を支配する気持ち良さをしっているため、カードゲームごときぬるゲーで勝てても大して気持ちよくないのです。カードゲームしかしてない方には伝わりにくいと思いますが、高級ステーキを食べ続けていたら、牛角の食べ放題では満足できなくなるようなものです。これは我々「社会の底辺であるゲーマーが人生で唯一優越感を感じる事ができる瞬間」に関する事柄なので、何より重要なことです。

こういった話をすると、勘違い雑魚チンパンジーの皆様から「カードゲームだって実力がハッキリ出る難しいゲームだ!」と指摘が来ますが、”自分が勝てているゲームの否定は、自分への実力の否定に繋がる”ことからの、「自分は強いんだ!」と主張するための指摘なので無視するようにしています。カードゲームは相対的にぬるいゲームであるのは事実です。

勘違いしないで欲しいのが、僕はカードゲームをバカにしているのではありません。僕はカードゲームは”つまらん事を除けば最高のゲーム”だと思っています。楽でワンチャン金が貰えるゲームをバカにしようがありません。

チンパンジーの生まれる過程
①雑魚向けに作られたゲームに雑魚が集まる
②他の実力ゲーで勝てない勘違い雑魚チンパンジーが参戦
③雑魚しかいないので、チンパンジーでもある程度勝てる
④普段勝てないから非常に嬉しい→煽り、イキリ散らし開始

これがチンパンジーが生まれ続ける理由です。他のゲームで勝てない雑魚でも激ぬるのカードゲームでは勝ててしまうのです。なので嬉しくてしょうがないのでしょう。ついイキリ散らしてしまうんですね。某本格スマホカードバトルの惨状を見ればイメージしやすいでしょう。元々、勝てて気持ちよくなれれば良いチンパンジーが大半なので、非マナー行為や炎上は日常茶飯事です。(数年前の遊戯王よりは遥かにまし)

このチンパンジーにもいろいろ種類がいます。例えばマイナーデッキを使って環境トップのガチガチのデッキに勝つ。これは運の要素が強いカードゲームでは当然起きうる事ですが、「マイナーデッキで環境トップデッキ狩り殺してやったわwwwwww(1勝9敗)」とツイートしてしまう様なチンパンジーが生まれる要因になります。このチンパンジーは他のゲームでは100戦しても1勝もできない様な雑魚中の雑魚なので、10回に1回勝てるということはかなり嬉しいのです。ちなみにカードでも勝てない雑魚がソシャゲに逃げるということは説明するまでもありませんね。

ガチとカジュアルは一緒に楽しめるのか
結論から書くと不可能です。理由としては、ラーメン好きのA君とカレー好きのB君が「カレーとラーメンどっちがおいしい食べ物か」と議論するようなものだからです。勿論カレーもラーメンも好きな人はたくさんいますが、単なる例えなので突っ込まない様に。

僕はお互いの価値観を否定しまくった方が良いと思います。上の例で例えるとお互いに否定することで、ラーメン好きのグループとカレー好きのグループにバッサリ分かれるためお互いに好きなものを、価値観が同じ仲間と食べることができるわけです。

僕自身、「強さこそ全て」と思っていた時期もありましたが、今は上を目指すこと自体はゲームを楽しむ手段の一つだったと思っています。カジュアル勢が敢えて強カードを廃したネタデッキで遊ぶ事を楽しむ手段としているのと同じです。共通の目的は楽しむ事であり、その手段が異なるだけなのでどっちが上も下もないです。言ってしまえばゲームばかりやっている人間なんて負け組です。ブス通しが「お前の方がブス!」と言い合うのと同じです。端から見ると「大差ねえからどっちも消えろ。」なのです。

まとめ
・カードゲームは雑魚向けに作られている
・雑魚でも勝てる対戦ゲームは貴重
・楽でワンチャン金が貰える神コンテンツ
・頭しか使わないが、頭も使わないゲーム
・強さを極めるのは楽しみ方の一つ
・強者は相対的な強者でしかない
・自称実力者の大半がチンパンジー

僕からは以上です。

http://haijin-gamer.com/2018/04/26/post-157/























CARD-00003048キャラクタースリーブ クリエイターズコレクション さより [EN-572]


CARD-00003048キャラクタースリーブ クリエイターズコレクション あぶりだしざくろ [EN-570]


CARD-00003048キャラクタースリーブ 閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH 芭蕉 [EN-565]


CARD-00003048キャラクタースリーブ 閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH 麗王 [EN-567]


CARD-00003048ブロッコリーキャラクタースリーブ カコ☆タマ「真咲ガイヤール」


CARD-00003048Deck Protector Fine Art/The Actor 通常カード用デッキプロテクター 名画/大谷鬼次の江戸兵衛


CARD-00003048ブロッコリーキャラクタースリーブ 『魔界戦記ディスガイア』シリーズ 「プリニー」Ver.2


CARD-00003048エモート キャラクター万能ラバーマット 「ポプテピピック」